漢方薬のご相談|不妊症など|東京漢方専門一心堂薬局

症状別
環境器疾患
消化器疾患
内分泌疾患
皮膚疾患
呼吸器疾患
婦人科疾患
耳鼻咽喉科疾患
神経疾患
運動器疾患
腎・泌尿器疾患
眼科疾患
一心堂薬局楽天市場店

呼吸器疾患

間質性肺炎

【症状】
間質性肺炎とは、通常「肺炎」といわれる細菌やウイルス感染が原因で、肺胞の内部に炎症が起こるものとは異なります。
さて肺の中にある肺胞(酸素と二酸化炭素のガス交換の場。肺の容積の85%を占めます)は実室と間質とにわけられ 実室とは、肺胞の中を指し、間質とは、肺胞と肺胞の間を指します。
間質性肺炎は肺の間質に炎症がおこる病気の総称で 肺胞の部分にくり返し炎症が生じ その構造が破壊され 組織が固く変化し換気能力を制限しそれと同時に炎症に伴い 肺胞の壁の厚みを増加させ肺胞の破壊へと繋がり酸素の取り込みの能力を低下させ 低酸素血症を生じます。
この病気の一番の特徴は、酸素の取り込みの障害です。この間質性肺炎の線維化がより進行しますと酸素不足を生じます。特に労作時において呼吸困難と胸苦しさを引き起こし また肺が固くなるため、息を吸うのにより強い力が必要になり 呼吸は浅く速くなります。呼吸の負担により 胸の筋肉に負荷がかかり しばしば肋骨部に痛みを生ずることがあります。また慢性の炎症のため咳きがでやすいこともこの病気の特徴です。この症状が進行しますと呼吸困難となり、死に至ることもあります。
また慢性型となった症状を「肺線維症」といいます。何らかの原因(関節リウマチ、皮膚筋炎、全身性強皮症などの膠原病、物質の吸入、薬剤など)で、この柔らかい肺に、線維化が起こります。なかでも原因がわからないものを「特発性間質性肺炎」と呼び、国の特定疾患(難病)にも指定されています。