2023.11.22
自律神経や眼の不調に菊

 

葉が終盤となり本格的に気温が落ち込んできました。

11月は全国的に菊祭りが催される季節です。

 

は鑑賞するだけでなく

スーパーフードとして活躍しており

抗菊花に関しては生薬として使用されてきました。

 

成分としてはポリフェノールビタミンA

精油成分を豊富に含みます。

 

東洋医学では余分な熱をとり(清熱)

眼を養うものとしています。

 

今の時期、スーパーでたまに食用菊をみかけることがあります。

実は菊の旬は10-11月。

みかけたら希少ですのですぐに買いましょう。

調理法は簡単です。

洗って30-40秒ゆでるだけです。

おひたしやお吸い物、酢の物に添えるだけ。  

 

【つみれ汁に菊を添えて】  

 

疲れ目や自律神経に不安の ある方はぜひ、お試し下さい。

一心堂薬局でも「菊花」の販売をしております。

修治しているので成分的、効能的にも優れていますので

本格的に養生されたい方はご相談下さい。

 

(英語・中国語・フランス語にも対応しており、海外からのご相談も数多く頂いております。)

一心堂薬局HP  https://www.isshindo.jp/index.php

漢方について・食養生についてなどの情報を

YouTubeやLINEでも配信しておりますので、

ぜひご登録よろしくお願い致します。

 

 

 

 

  • 【漢方専門】一心堂薬局楽天ICHIBA
  • amazon
  • ポンパレモール

10:00~19:00 年中無休0120-73-1410